半晒クラフトの規格一覧と格差

製品情報

●半晒クラフトとは

一言で言えば、一般的な茶封筒に多く使われている紙です。未晒が無漂白であるのに対し、「半晒」とは、半分だけパルプを漂白したという意味です。未晒クラフトは、ザラザラした茶色で無骨な風合いですが、こちらの未晒クラフトは、少し明るくすっきりした風合いになってます。平滑度は未晒クラフトよりありますので、印刷適正も持たせてあります。古紙を配合している銘柄が多いのも特徴です。

●半晒クラフトの代表的な銘柄

OKゴールド(王子マテリア)、金門(王子マテリア)、ゴールドアトラスG(大王製紙)、Gオリンパス(日本製紙)、半晒クラフト紙(中越パルプ)

半晒クラフトの規格表、格差、連量、寸法について

米坪 ハトロン判 (900×1200) 格差
連量 包装
g/㎡ kg
50 54 500 10
60 65 250or500 5
70 75.5 250
85 92 250
100 108 250
120 129.5 125or250 5

半晒クラフト(OKゴールド(王子マテリア)、金門(王子マテリア)、ゴールドアトラスG(大王製紙)、Gオリンパス(日本製紙)、半晒クラフト紙(中越パルプ))は当社で取り扱いしておりますので、 詳しくはお問い合わせください。

本ページの記載内容は、更新時点での情報になります。
最新の情報につきましては、メーカーHPをご確認頂くか、弊社までお問い合わせください。

関連記事

最近の記事

一覧ページへ戻る

Contactお問い合わせ

お困りごとがございましたら、お問い合わせ下さい。
下記お問い合わせフォーム以外にもお電話やFAXでも
お問い合わせを承っております。
お問い合わせをする